2014年06月08日

名取洋之助『写真の読みかた』への書き込み

岡村昭彦文庫に、
名取洋之助『写真の読みかた』岩波書店、1964年8月10日第4刷発行【1963年】
があります。
1965年4月、南ヴェトナム解放民族戦線のファット副議長に会うため、解放区入りを決行。携行した3冊の本の中の1冊が『写真の読みかた』です(岡村昭彦『続南ヴェトナム戦争従軍記』1966年、第1刷発行、p.107)。
次のような書込みがあります。
赤鉛筆、定規を使っている点などを含め、典型的な書き込みです。
p.176 「国際報道工芸(1939-45年)」という見出しの頭に「×」。
p.178 「国際報道工芸は戦争の終結によって解散、それまで続いていた『NIPPON』も廃刊となった。」に傍線。6行ほど飛ばして、「次に掲載する手紙は珍しくも名取が自分で書いた手紙であるから全文を載せる」という文章の頭に「×」を振り、傍線を引いている。続く次に傍線。
「「甚ちゃん。しばらく。どうしている。あいたかったよ。いろいろ話を聞きたい。どう変わったか、ちょっとこわいが。ぼくが迎えに行けるとよいのだが、いま、いろいろごたごたしているので、使いの人に頼む。ごめん。この使いの人の社は、ぼくがちょっと関係しているところの人。聞けるなら、その社の人の話を聞いてやってください。東京へ着いたら連絡してくれよ。ぼくもわかればあいに行きたいが。ぼくの家、デンワ4(45)七三三二 岩波写真文庫(これが今のぼくの仕事の半分)デンワ(33)一〇二二、月、水、金。はやくあいたいよ。洋之助。」」

もう1か所あります。
p.91「いわゆる組写真」の「いわゆる」の脇に、赤のボールペンで大きく「」の書込みがある。
岡村は、「いわゆる」という言葉を嫌った。私の知る限り、岡村が「いわゆる」に「」を書き込んでいるのは、知り合いなど自分の関係者の本に多い。

比留間

posted by no where boy at 07:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。